ホームヘルパーは私の天職

私はホームヘルパーをしています。
もう始めて2年。仕事にも慣れ、時々新米ヘルパーを連れて利用者さんの家に行き指導する事も増えました。

ホームヘルパーの仕事はその名のごとく、利用者さんの家に行きサービスを提供するヘルパーです。大まかに分けると生活援助と身体介護となり、当然身体介護の方が時給が高くなります。その分、力はもちろん必要とされますが、お風呂やトイレ介助は気も使います。

生活援助の中で私が一番苦手としているのは、冷蔵庫の中にある食材で食事を作ることです。これはもう主婦のヘルパーさんには勝てません。もし利用者さんがしっかりお話出来る方の場合は、食材を伝えて、それらで作って欲しい物を選んでもらうようにしています。味付けも、好みや持病がそれぞれあるので、利用者さんによって変えなくてはなりません。食事の後は服薬介助もあります。正しい薬をきちっと飲んでもらうのも大切な仕事です。

意外にも私が一番好きな仕事は、お風呂介助です。力は使いますが、利用者さんは一番喜んでくれます。日本人はやっぱりお風呂が好きなんですね。ただお風呂場はとても滑りやすいので気を使います。万が一転倒してしまったら大変です。またお風呂介助を受け入れてもらえるようになるのにも、時間が必要な場合があります。ある利用者さんはとても恥ずかしがり屋で、介助を許してもらうまで2ヶ月かかりました。その利用者さんの背中を初めて流した時はとても嬉しかったのを、今でも覚えています。

ホームヘルパーは地味な仕事です。大変こともたくさんありますが、私はホームヘルパーであることを誇りに思います。辛い事、大変な事がたくさんあると思いますが、頑張って続けていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です